AGAの薬に副作用はあるのか?

今回は、AGAの薬の副作用について取り上げます。

AGAの薬別の副作用

AGAの治療薬も、既往症のある方や、他の薬剤を使っている方は、合併症などの可能性があるため、使用する際は注意が必要です。ただしこれはAGAに限ったことではなく、一般的にどの薬でも起こりうることです。

ここでは、AGAの薬の種類ごとに、主な副作用の可能性を取り上げます。

ミノキシジルの副作用

AGAの治療薬のうち、ミノキシジルの副作用には、頭皮のかゆみ、めまい、動悸、低血圧、多毛症などが挙げられます。ミノキシジルはもともと血管拡張作用がある高血圧の治療薬(血圧降下剤)だったものに発毛効果が認められ、外用薬(塗布)や内服薬として流通したものです。

このため、ミノキシジルには血圧を下げる効果があり、低血圧の方への利用は慎重な判断を要するといえます。また、特に塗布薬として使う場合には、頭皮のかゆみやニキビの発生といった副作用の可能性が指摘されています。

フィナステリドの副作用

AGAの治療薬のうち、フィナステリド(商品名:プロペシアなど)の副作用としては、性欲低下、勃起不全、射精障害、精子減少、乳房肥大(女性化乳房)などが挙げられます。フィナステリドは、AGAをもたらすDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの増加を抑えるためです。

また、副作用以前に、ミノキシジルは女性でも使えるAGA治療薬ですが、フィナステリドは女性や子供、既往症のある方には処方できません。フィナステリドは皮膚接触でも浸透するため、例えばフィナステリドを服用中の男性とコンドーム無しで性行為を行うことも避けるべきです(男性の体液に微量ながらフィナステリドの成分が含まれるため)。

フィナステリドは、男性胎児に対して深刻な先天奇形を来たす危険があります。このため、妊娠している女性や妊娠可能な年齢の女性は触れるのも避けなければいけません。

デュタステリドの副作用

AGA治療薬のうち、デュタステリド(商品名:ザガーロなど)の副作用も、フィナステリドに似ています。ともに、もともと前立腺肥大症の治療薬だったものに対して、発毛効果が認められたものです。

こちらの薬もやはり、女性や子供、既往症のある方、重度の肝機能障害のある方、フィナステリドが駄目だった方は避けられる治療薬です。副作用も、性欲低下、勃起不全、射精障害、精子減少、乳房肥大(女性化乳房)などが挙げられます。

デュタステリドのAGA治療薬としてのメカニズムは、フィナステリドと同じく、脱毛をもたらす男性ホルモンの増加を抑える薬ですが、その抑止効果がフィナステリドよりも強い薬でもあります。

こちらの薬も皮膚から吸収されるので、性行為の場合は先ほどのフィナステリドの例と同じですし、妊婦または妊娠の可能性のある女性は触れるべきではありません。万が一、カプセルの内容物に触れてしまった場合は、直ちに石鹸および流水で洗い流すべきです。

AGA治療薬の副作用は自己判断しない

AGAの治療薬に限らず、どんな薬でも副作用が無い薬はありません。適切に飲む資格のある方が、適切な用法・用量を守って使用することが大切ですし、副作用が生じる確率は患者全体のなかでもそう大きくはありません。

医療機関であるクリニックで医師の指導のもとで処方されれば、安心して使用することができますし、万が一副作用が生じても、医療行為としての措置や最適な医療機関の紹介を受けることができます。

最も問題なのは、AGA治療薬をセルフジャッジして利用することです。薬剤の個人輸入の代行業者を通じて入手する方も多いのですが、これは重大な副作用などを招く危険性が高まります。やはり医療機関であるクリニックの受診をおすすめします。