AGAの薬の効果はあるのか?

今回は、AGAの薬に効果があるのかどうかについて取り上げます。

AGAの薬別の効果の違い

AGAの薬にはさまざまな種類があり、AGAを治療するメカニズムが異なります。ここでは、「どのようにしてAGAの治療効果があるのか」に着目して説明していきます。

ミノキシジルの効果

AGAの薬のうち、ミノキシジルの発毛効果は、髪の毛を作る組織である毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化と説明されています。もともと血管拡張作用があり、海外では高血圧の経口薬として使われている薬です。

ミノキシジルは発毛薬としては外用(塗布薬)または内服薬があります。塗布薬としては、大正製薬が「リアップ」の商品名で一般用医薬品として発売していることでも知られています。

その一方、発毛効果を高めるために、クリニックなどの医療機関では、リアップよりも濃度を高めた塗布薬として処方されることがあります。毛細血管は毛乳頭や毛母細胞へ栄養分を運搬する働きがあり、血行の改善は発毛効果が期待できます。

フィナステリドの効果

フィナステリド(商品名:プロペシアなど)は、AGAを生じさせるDHT(ジヒドロテストテロン)の増加を抑制する効果を持つ治療薬です。DHTは、5α-リダクターゼ(5-α還元酵素)という酵素が、テストステロンという男性ホルモンに働きかけて生じる、脱毛ホルモンといえる男性ホルモンです。

フィナステリドのAGA治療薬としての効果は、この5α-リダクターゼという酵素の働きをブロックすることで、DHTが生成されなくなり、AGAを阻止するというものです。なお、AGA以外の脱毛症(円形脱毛症など)には効果はありません。

このAGA治療薬の効果は、発毛の促進よりも脱毛の抑止にありますが、臨床試験では服用者の多くにある程度の発毛が認められています。髪が増えるだけでなく、髪の質(長さ、太さ)が改善し、頭頂部だけでなく生え際などの前髪にも効果があると分かっています。

デュタステリドの効果

AGA治療薬としてのデュタステリド(商品名:ザガーロ)の効果は、フィナステリドと同じです。5α-リダクターゼの働きをブロックし、DHTの増加を抑えることで、AGAが生じなくなる効果があります。なお、この薬も円形脱毛症などには効果がありません。

デュタステリドはAGAに対し、フィナステリドよりも高い効果があると確認されています。5α-リダクターゼのうちDHTを作らせる酵素には1型と2型という種類があり、フィナステリドは2型しかブロックしませんが、デュタステリドはどちらもブロックします。

また、抜け毛の防止効果はフィナステリドを上回ることが確認されており、フィナステリドでは不十分だった増毛効果もあります。増毛効果は、毛が長く太くなることと、単一毛根から複数の毛が生えることによるものです。

AGAの薬の効果もクリニックで確認を

AGAのクリニックのなかには、ミノキシジルとフィナステリドを併用したり、効果を高めるために、両者を配合したオリジナル錠剤を処方するところもあります。この2つは、AGAに対するメカニズムが異なりますし、併用することは特に問題ありません。

デュタステリドはAGA治療薬として承認されてから年数が浅い薬ですが、特に高い効果が確認されており、人気の治療薬といえます。実際には、AGAの治療には薬だけでなく、毛髪のもととなる栄養分や、毛乳頭や毛母細胞が働くエネルギーとなる栄養分も必要です。

このため、多くのクリニックでは、効果が認められたAGAの治療薬だけでなく、さまざまな栄養分にも配慮したタブレットなど錠剤を処方するところもあります。薬効にとどまらず、トータルでAGAの治療に取り組むクリニックの受診をおすすめします。