産後の抜け毛がひどいケース

今回は、産後の抜け毛がひどいケースを取り上げ、その原因と対策まで触れていきます。

産後のひどい抜け毛の体験

実際に産後の抜け毛は個人差が非常に大きく、なかには抜け毛自体が生じなかったという女性もおられますが、ひどい方になると出産直後から始まって1年以上続いたという体験を経験した方もおられます。

いわゆる女性の抜け毛は男性よりも徐々に進行する方が多い反面、特に産後の抜け毛でひどい方は、一度にバサバサと明らかに判別できるくらいのひどい抜け毛を経験した女性が少なくありません。

また、何人かのお子さんを産んだ女性でも、1人目の産後はそうでもなかったが、2人目の産後はひどい抜け毛が生じたとか、シャワーやドライヤーをかけると一気に抜け落ちたとか、産後の抜け毛はひとりひとり幅の大きな特徴が見られます。

産後の抜け毛の場合、「どこがひどく抜けたか」にもさまざまな体験が見られます。前髪が多い方もいれば、後頭部から抜けたという方もおられます。なかには、産後しばらくは何事も無かったのに、突然頭頂部でひどい抜け毛を経験したという女性も見られます。

産後のひどい抜け毛を脱するには

産後のひどい抜け毛の主な原因は、女性ホルモンの急激な変化です。一般に女性は妊娠中に女性ホルモンの分泌量が増加します。ところが、出産後はそれが元の値に戻ろうとして急激に減少します。その過程で、結果として抜け毛が生じるというわけです。

ただし、出産後の抜け毛がどれだけひどくなるかについては、大きな個人差があります。これはやはり、出産に伴う体力の消耗やメンタル的なストレスであったり、栄養・運動・睡眠の不足によって抜け毛が生じやすい環境に陥っている可能性があります。

どれだけ産後の抜け毛がひどい方であっても、多くの場合は半年~1年で症状は治まります。遅くとも1年半までには抜け毛が落ち着き、また健全な毛髪の成長サイクルが戻ってくる方が一般的です。

妊娠中に増加した女性ホルモンが産後に通常の値に戻る過程で、多くの女性はひどかった抜け毛も徐々に落ち着くと思います。この過程で、正常なホルモンバランスの調整を促すため、適度な運動と睡眠、バランス良い食事、禁煙といった取り組みが有効です。

確かにひどい抜け毛に直面すると、産後の女性は驚くこともあるかと思います。ただ、時間の経過ととともに自然治癒するケースがほとんどですから、あまり神経質にならず、ストレスを溜め込まない生活を送ることも大切です。

しかし中には、女性ホルモンの変化だけでは説明できず、1年~1年半たっても抜け毛が収まらない女性もでてきます。こうした方は、薬効が承認された医療用の薬もありますし、医療機関であるクリニックに相談することをおすすめします。