産後の抜け毛はいつからいつまで?

今回は、産後の抜け毛はいつから始まりいつまで続くのかという点を取り上げます。

産後の抜け毛はいつから始まるのか

産後の抜け毛がいつから始まるのかという点については、大きな個人差があるものの、出産後すぐに始まる方も決して珍しくありません。2~3ヶ月たってから抜け毛が目立ってきたという方もおられます。

本来髪の毛は、古い毛が抜け落ちたあと新しい毛が生えてきて、成長期→退行期(移行期)→休止期という毛周期を繰り返すことで髪の毛の総量を維持しています(毛髪のヘアサイクル)。

その一方、いつから産後の抜け毛が見られるのかについては、その原因が女性ホルモンの急激な変化であるため、一概に「いつから始まる」とは言えません。

産後の抜け毛の原因は多くの場合、女性の身体の調整機能や毛髪の維持に関わる女性ホルモンが、妊娠中は増加するものですが、出産後は元の値に戻ろうとして減少することだとわかっています。

例えば、女性ホルモンが急激に減少する時期と、毛周期で古い毛が抜け落ちるタイミングが重なった場合、一気に抜け毛が生じる可能性があります。ただし、毛周期は1本1本の毛ごとに異なる時期を持っているため、徐々に抜け毛が増えるという方もおられます。

女性ホルモンが減少する時期や、個々の毛周期がどんなサイクルになっているのかを特定する方法はありません。このため、出産後の女性の抜け毛がいつから始まるのかを一概にこうだとはいえません。

産後の抜け毛はいつまで続くのか

その一方、産後の抜け毛が「いつまで続くのか」という点に関しては、これは早い方で2~3ヶ月または半年程度、遅い方でも1年~1年半のうちに治まるというのが一般的な傾向です。

これもこうして見ると、大きな個人差があることがわかります。ただし、産後の抜け毛をもたらす女性ホルモンの減少は、正確に言えば「妊娠中に増加していた女性ホルモンが、元の値に戻ろうとする過程」であって、ほとんどの女性は元のヘアサイクルを取り戻すことができます。

女性ホルモンのうち、エストロゲン(卵胞ホルモン)はヘアサイクルのうち成長期を伸ばし、抜け毛を延長させる働きもあります。また、プロゲステロン(黄体ホルモン)も、育毛の維持機能があります。

このため、妊娠中はこれらの増加で先延ばしになっていた毛髪の生え変わりが、出産後の急激な減少によって一気に古い毛が抜けるというわけです。大半の女性は、その後徐々に通常のヘアサイクルを取り戻し、新しい毛が生えて成長期を迎えます。

多くの女性は、妊娠と出産によってホルモンバランスの急激な変化を経験します。これによって一時的には抜け毛が目立つものの、遅くとも1年~1年半には元の状態を取り戻すことが一般的です。

ただし、いつまでたっても(大まかな目安としては1年半を過ぎても)、出産後の抜け毛が治まらないようであれば、これは女性ホルモンだけでは説明できない原因を疑うべきであり、医療機関であるクリニックの受診をおすすめします。

スポンサーリンク