産後の抜け毛がない人もいる?

今回は、産後の抜け毛がないというケースを取り上げます。

産後の抜け毛がないという場合の原因

「産後の抜け毛がない」という女性も少なからず存在します。そもそも産後に抜け毛が生じるのは多くの場合、女性ホルモンの急激な変化であり、ほとんどの女性が経験するはずです。

ところが、出産を経験した女性のうち、何分の一かの割合で、「(産後の)抜け毛がなかった」という方も出てきます。これは、抜け毛はあったけども自覚が無かった可能性もありますが、それを除けば、女性ホルモンに関するそのひとの体質が原因と考えられます。

そもそも産後の抜け毛の原因はほとんどの場合、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンの急激な変化だと考えられています。どちらも女性の身体の形成や調整機能に貢献する体内物質であり、毛髪の維持にも寄与する女性ホルモンです。

ここで、「産後の抜け毛がない」女性というのは、この女性ホルモンの変化が毛髪に影響を及ぼすほどでは無かったと考えられます。一般に女性は妊娠中は、女性ホルモンの分泌量が増加するのですが、出産後は元の値に戻ろうと急激に減少します。

女性ホルモンの減少は、毛髪の維持機能の減少にもつながり、これによって産後は抜け毛が生じるというわけです。ただし、女性ホルモンは妊娠前の値に戻ろうとしてるわけですから、抜け毛も一時的なものであり、多くの場合はまた元の状態に戻ります。

産後の抜け毛がない女性もおかしくない

ここで、「産後の抜け毛がない」からといって心配する必要はありません。女性ホルモンの分泌は体内の調整機能であり、妊娠と出産を通じて大きく変化するのですが、抜け毛が無かった方は、その影響を目に見えるほど受けなかった可能性があります。

また、「産後の抜け毛はあったけども、自覚が無かった」というケースも見られます。出産後の抜け毛の範囲や頻度は、とても個人差があるものです。さらに、例えば母乳育児とミルク育児でも、抜け毛に違いがあるといったこともありません。

本来髪の毛は、通常でも古い毛が抜け落ちて、そのあと新しい毛が生えてきて、成長期→退行期(移行期)→休止期という毛周期を繰り返すことで髪の総量を維持しています(ヘアサイクル)。

女性ホルモンは、ヘアサイクルの成長期を維持する作用を持つと言われており、妊娠中は先延ばしになっていた育毛が、産後に女性ホルモンが減少することで、古い毛が抜け落ちていくことになります。

ただし、産後の抜け毛は、女性ホルモンが「もとの値に戻ろうとして」減少する過程で生じるものです。やがて大半の方は、通常のヘアサイクルに戻りますし、また髪の総量が戻ってくるものです。

「産後の抜け毛がない」という方は、こうした大きなヘアサイクルへの影響が無かった(あるいは影響が少なかった)と考えられます。産後の抜け毛の多くは、ホルモンバランスの変化であり、抜け毛が無かった方は、その変化が目に見えるほどでは無かったのだと思います。

しかし一方で、これは出産に限ったことではありませんが、ヘアサイクルを乱す要因は、女性ホルモンだけではありません。血行や頭皮環境の悪化は、毛髪を作る組織の働きを低下させ、一時的では無い抜け毛をもたらす可能性があります。

こうした女性ホルモンだけでは説明できない抜け毛の可能性を疑う場合は、現在では抜け毛の原因を絞り込む遺伝子検査もありますし、医療用の薬として認められたものもありますので、医療機関であるクリニックへの相談をおすすめします。

スポンサーリンク