産後の抜け毛の原因は?

今回は、産後の抜け毛の原因について取り上げます。出産後に髪の毛が抜けるのはなぜ?でも触れましたが、やや専門的すぎたので、ここではよりわかりやすく、どなたにも理解できるよう説明します。

女性ホルモンが産後の抜け毛の原因

産後の抜け毛の最大の原因は、女性ホルモンの急激な変化です。そもそもホルモンとは、人体のさまざまな調整機能に左右する体内物質であり、男性ホルモンと女性ホルモンがあります。

このうち女性ホルモンは、妊娠中は分泌が多くなり、妊娠してないときよりも大幅に増加します。その一方、出産後は元の値に戻ろうとして急激に減少します。これが、産後の抜け毛をもたらす最も大きな原因です。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という物質が存在します(「女性ホルモン」という場合、エストロゲンだけを指すこともあります)。

エストロゲンは女性らしい体づくりに寄与するホルモンですが、子宮に作用して妊娠・出産に備える役割もあります。プロゲステロンは、他のホルモンとのバランス調整、乳腺の発達、体温・血糖値・体脂肪の調整に関わります。

このため妊娠中の女性は、これらの女性ホルモンがたくさん分泌され、大きく増加します。その一方、出産後は役割を果たしたため、通常の値に戻ろうとして急激に減少します。

その一方、エストロゲンは毛髪の成長サイクルのうち成長期を伸ばし、通常のヘアサイクルに見られる抜け毛を延長させる働きもあります。また、プロゲステロンにも、育毛の維持という役割があると言われています。

このため、妊娠中に急増した女性ホルモンが、産後に劇的に減少することは、一時的に大幅な抜け毛をもたらす大きな原因と考えられています。

産後の抜け毛が女性ホルモン以外の原因だったら?

産後の抜け毛は多くの場合、女性ホルモンの急激な変化です。これは正確にいえば、妊娠中に急増していた女性ホルモンが、産後に通常の値に戻ろうとしているプロセスといえます。

本来髪の毛は、成長期→退行期→休止期という毛周期を繰り返しながら、古い毛が抜けたあと新しい毛が生えてくるという毛髪の成長サイクルのなかで、髪の毛の総量が維持されています。

妊娠中は女性ホルモンが通常より増えることで、ヘアサイクルが先延ばしとなります。女性ホルモンは出産後に元の値に戻ろうとして減少するのですから、そこで古い毛が一気に抜け落ちること自体は自然なことですし、健全な毛髪サイクル通りなら、また新しい毛が生えて成長していきます。

このため、一般的には半年~1年、遅くとも1年半後には、元の髪の毛を取り戻す女性が多く見られます。産後の抜け毛予防で触れた通り、生活習慣はケアしつつ、あまり神経質にならず、時間の経過を見守るスタンスで良いと思います。

ただし、1年~1年半たっても髪の毛が戻らないと感じる方は、女性ホルモン以外の原因を疑うべきです。この場合は、単なる一時的な抜け毛では無いかもしれませんし、現在では医療用の薬も認められたものがありますから、クリニックなど医療機関に相談することをおすすめします。

スポンサーリンク