産後の抜け毛と前髪の髪型

今回は、産後の抜け毛と前髪の髪型を取り上げます。出産後の抜け毛で髪型に悩む方も多いと思いますし、特に前髪の抜け毛は個人差が大きく見られます。ここでは、こうした方を対象にした髪型のヒントを取り上げます。

産後の抜け毛は前髪のカバーが基本

産後の抜け毛では、まずは前髪を髪型でカバーすることが基本だと思います。出産後の抜け毛は多くの場合、前髪を工夫することで見た目の印象をアレンジすることができます。

出産後、前髪の抜け毛がどれくらいかにもよりますが、あまり多く抜けた方は、無理して前髪を作るというよりも、客観的に見た目の印象を意識して、前髪にボリューム感をもたせたほうが良いと思います。

産後の抜け毛で前髪から最もトータルの髪型がまとまりやすいのは、フルバングまたはショートバングだと思います。これらは、髪の長さや髪型を好みにあわせて「つぶしがきく」アレンジが可能です。

例えば、産後の抜け毛が前髪にとどまらないのであれば、フルバングやショートバングで抜け毛による前髪の生え際の薄さをカバーしつつ、ボブに合わせることが可能です。

ショートカットが嫌なら、フルバングとミディアムヘアを合わせて、パーマをかけることでボリューム感が生まれます。その一方、ショートバングにショートカットをあわせて、パーマをかけることでスッキリとしつつ、産後の抜け毛の生え際を目立たなくできます。

また、フルバングとポニーテールの組み合わせも、産後に前髪からの抜け毛がひどい方におすすめできます。ポニーテールは短い髪は嫌だけどセットに時間をかけたくない方に人気の髪型と言えます。頭頂部の薄毛もカバーできる点もおすすめポイントです。

産後の抜け毛と前髪のアレンジ

産後の抜け毛を前髪のアレンジでカバーする場合、フルバングやショートバングでは面白みが無いという方には、ダブルバングやシースルーバングもおすすめできます。

ダブルバングとは文字通り、前髪をダブルつまり2通りの見た目を印象づけることができます。これまでいつも変わらない髪型ばかりしてきた女性が、出産後の抜け毛といった悩みから、ガラリとイメージを一新することができる髪型です。

また、シースルーバングも、産後の前髪の抜け毛をカバーしつつ、今までやったことの無かった方にとっては、とても新鮮で可愛らしく見える髪型といえます。

とにかく、産後の抜け毛にともなう前髪のポイントは、髪の量をより多く見せることに尽きます。ボリューム感をもたせることによって、前髪が薄毛に見えないようにすることが基本といえます。

あとはやはり、セットがしやすいことだといえます。なんといっても、出産後の忙しいママさんには、手間のかかる髪型はおすすめしません。シンプルでセットのしやすい髪型は、手間をかけずに産後の抜け毛をカバーすることができます。